sunlight bathed-flyer7月24日のCAUCUS企画イヴェント@下北沢Three、詳細発表です!

2017.7.24 下北沢 (Shimokitazawa) Three
CAUCUS presents “Sunlight Bathed the Golden Glow”
open 18:30 / start 19:00
adv. 2,000 yen / door 2,300 yen (+1 Drink Charge 600 yen)

Band:
CAUCUS
Try The Pie *from USA
サーティーン (13)
Smokebees

DJ:
Matsumoto Loser (Girl President / Bluestars Night)

SXSWでお世話になったインディー・ポップが好きなオースティンの自転車屋さんから、Try the Pieが日本でライヴやりたいみたいなんだけど、と言う話があって、タイミングや日程など色々と調整してみたら、物凄く僕たちとしてもちょうど良くて(なんせちょうど僕らも秋にリリースするアルバムの録音もある程度落ち着き、3年ぶりにライヴができる状態になっていて、下北沢Three側も調整してくれて、、感謝)あれよあれよと企画することとなりました。

Details for the show organized by CAUCUS is announced! It was a good timing when a mutual friend of us mentioned me in SNS that Try the Pie is looking for a show in Tokyo, while we were getting ready for a show in 3 years, and had a good venue booked on that exact date we needed!

そんなカリフォルニア州サンノゼ出身のBeanさんの”Try the Pie”は2007年からSourpatch, Salt Flat, Crabapple, Plumeと言った西海岸のバンドで活動してきた彼女のソロプロジェクト。2015年にはアルバムDomesticationをデトロイトのSalinas Recordsからリリースし、アメリカの西海岸ツアー、東海岸ツアー、そしてフルバンドでの全米ツアーなどをこなし精力的に活動されています。今回はソロでの来日ということですが、透き通って真っ直ぐな歌声と、普遍的な温かみのある楽曲がとても素敵です。

Try the Pie, is a solo project by Bean Kaloni Tupou from San Jose, California, who has also been active since 2007 in such Bay Area bands as Sourpatch, Salt Flat, Crabapple and Plume. Try The Pie put their first full-length album, ‘Domestication’ out on Salinas Records out of Detroit in April of 2015, The album has sparked three tours: a full-band Pacific Northwest tour in March 2015, a solo East Coast tour in August 2015 and a full-band North American tour in October of 2015.

Try The Pie “Thomas” from Anders W Ericsson on Vimeo.

Try The Pie – Thomas from katie krulock on Vimeo.

連絡を取っていくうちに、サーティーンのメンバーの方と知り合いの知り合いだということがわかり、是非サーティーンと共演したいとBeanさん側から話が出て、コーカスもメンバーみんなで是非!という流れでさっそくオファー。そして快諾いただきました!サーティーンとはCAUCUS数年ぶりの共演で、オルタナでガツンとしたステージが非常にかっこよかったことを非常によく覚えています。
関係ないですが、vo/gtの神宮さんはTwitterのアイコンが昔ラピュタのムスカ大佐だった時期がありHNが神宮大佐なので、ずっと僕の中では大佐のイメージで数年過ごしておりました。超久しぶりですがよろしくお願いいたします。

As we made contacts with Bean, she told me that she knows a member of 13, and we talked that it would be great if we can play all of us together. We asked 13 if they could play and here they are! CAUCUS had played with 13 a few years ago, and we are very happy to see their aggressive and alternative noise again!


そしてTry the Pieの音楽性と、ぴったりなバンド…と考えてすぐに出てきたSmokebees。Sudoくんがちょうどその時期デンマークから帰国している間だと聞いたのでオファーしてこちらも二つ返事でOKいただけました。Smokebeesは2016年夏にアルバムSwimming Souls EPをリリースし、今年7月にはgalaxie trainから新譜カセットをリリース予定のSparklehorseを敬愛する男女宅録ユニット。Mikiちゃんはひろこさんと一緒にGirl Presidentとしても活動していて、実はyngwも音源ではマスタリングで関わっていたりします。

I came up with Smokebees as a good band to play with Try the Pie in their taste of music, and I have heard that Sudo-kun is back in Japan from Denmark for a while so I asked them to play as well. Smokebees is a home recording duo who have a lot of respect to Sparkehorse. They have release Swimming Souls EP last summer and is going to release a new cassette from galaxie train next July. Miki has been playing with Hiroko in band Girl President, and I have mastered their EP as well.


さらには、Mikiちゃんとひろこさんと一緒に GirlPresidentをやっていて、角本加入前に一度CAUCUSも手伝ってもらったベーシストであり、僕とはDJイヴェントBluestars Nightで一緒に毎月DJしていたMatsumoto LoserがDJとして参加してくれることになりました。

Matsumoto Loser, a bassist in Girl President who have also helped CAUCUS out before BJ came in, a DJ from Bluestars Night which I DJed every month as well, will be doing DJ on this show as well.

月曜だと言うのに、本当に色んなみなさんとタイミングが合って企画できたのがとても嬉しく、間違いなくいい夜になりそうで、楽しみでしかたありません!
よろしくお願いいたします。

Though it is Monday night, it is very happy and thankful that everyone is performing in this event. I’m sure it’s going to be a great show!

-k

 

IMG_5517 copyお待たせしました。CAUCUSライヴ活動再開します!7/16昼の死んだ僕の彼女の企画で活動再開、更に7/24にはCAUCUS自主企画を下北沢Threeにて、アメリカから来日するTry the Pieのソロアクトをオーガナイズするべく、開催します。

死んだ僕の彼女 PRESENTS “SWEET DAYS AND HER LAST KISS”
2017/7/16 渋谷乙 (Shibuya Kinoto)
OPEN 11:30 AM / START 12:00 PM

死んだ僕の彼女 / 少女スキップ / CAUCUS
Tickets: adv.1500YEN / door.1800YEN
※お昼の公演です

2017/7/24 下北沢Three (Shimokitazawa Three)
CAUCUS企画
Try the Pie (Solo set, from USA) / CAUCUS / and more…
※詳細はまた後日。こちらは夜の公演です。

昔からの仲間の企画で活動再開の日を迎えられるのをとてもうれしく思います。この機会を作ってくれて、本当にありがとう!
そして、この日をもってCAUCUSは新メンバーにイチカワユウタ(Float down the Liffey/alicetales)を迎え、4人編成で活動を再開します。

ん?4人?新メンバー?

という、さらーっと報告するにはコーカスにとってかなり重大な発表なので、ちょっと、いや、かなり長くなりますが、加藤ちゃんとひろこさんと、新メンバーのイチカワくんについて。

今回のアルバムレコーディングを区切りに、加藤ちゃんとひろこさんが脱退して、このライヴをもってイチカワくんがコーカスに入ります。

加藤についてはレコーディングのDay 9で書いたとおり、「今、音楽ではなく、別の活動をやっていきたいという心境にあり、結果として生活の中でバンドをやる時間を取ることができなくなってしまった」というのがそれ以上でもそれ以下でもなく、一番的確な表現なのかな、と思っています。

ひろこさんの脱退も、現実的に時間が取れなくなった点がやはり大きくて、家庭と音楽活動とのバランスなどを色々工夫してみても、今のところCAUCUSを継続してやっていくのは難しいと結論にたどり着いた、というところです。
ひろこさんはこれからもGirl Presidentで音楽活動はしていくので、ぜひ今後も彼女の活躍を応援して行ってください!ガルプレは僕も録音など手伝っていたりもしてます。

バンドとしては、今回のアルバム制作のセッションを始めるにあたって、ひろこさんの参加が難しいことはわかった状態で4人で始まりました。2014年夏に放送されたMTV81の取材があった日(2014/7/19)が実はその最初のセッションで、そのため4人での出演だった背景があったりします。結局その後は楽曲制作の間、加藤とはスケジュール合わずスタジオに入れないことがほとんどで、3人で曲作りをしてはデモの録音をして、ギターを後乗せで足していくような形で10曲を完成させました。1曲はひろこさんが昔作ったいいメロディの曲があったんで、それを僕がスタジオで歌いながら角本と遠藤さんとで作るような感じでした。
それでもなんとか、かとちゃんに生活スタイルを変えてでもバンドを続けられないかなど、色々投げかけていましたが、最終的にコーカスのバンド活動よりも別のことを優先したいと言う彼の結論を受け入れました。

バンドをやるのって結構時間を取られるものなんです。みんなで時間を合わせてリハに入って、家に持ち帰ってまたフレーズや構成など色々考えて、練習したりレコーディングしたりライヴやったり。誰に頼まれたわけでもなく、でも外に向かって発信している責任を持って、いい音楽作品を作ろうと活動しているわけで。そんな中、歳を重ねるにつれてやることも増えていって、なかなか思うように時間が取れなくなってきたりします。

僕たちはフルタイムのミュージシャンではありません。限られた時間の中で、それぞれ工夫しながら音楽活動しています。逆に言えば、だからこそ目指したい音楽性を追い求めて、インディペンデントな活動ができているとも言えるかもしれません。
しかしながら、時間を主体的にどう使いたいか、現実的にはどう使えるのか、と言った問題は出てくるわけで、こればかりは受け入れるしかありません。

今回レコーディングを始める時点で、Day 1のブログにも書いたとおり、「メンバーみんな色々と生活も変わっていて、今作以降についてライヴはメンバー5人で演奏するのはほぼほぼ不可能」な状態でした。それでも最後に5人が参加する形でアルバムを作ろうと考えたのは、現在のバンドの状況への、僕なりの最後の抵抗でした。せっかくなんだから5人で、素晴らしいメンバーであり、よき友人であるみんなで、参加するアルバムを録って、いい作品を完成させてから、活動できるメンバーを揃えて、再びライヴ活動に向けた新たなスタートを切ろうと。

そして、レコーディングを終えて、一区切りがついた最終日。打ち上げでみんなで話をして、かねてからずっとコーカスを観てくれていたイチカワくんにギターやってみないかとオファーしました。

イッチーはあり得ないくらいコーカスのことを愛してくれていて(身内となった今でも、なんとなくこの表現が一番的確な気がする・・・)CDの購入特典とか限定ライヴ盤とか全部持っていて、たぶん東京のライヴはここ数年ほとんど全部来てるんじゃないかという、、、若干引くくらい(失礼)のコーカス愛を持っている人です。そして彼のやっているFloat down the Liffeyやalicetalesでのギタープレイも、加藤とはまた違う意味でハマりそう、というビビビっと(古い)来たところもあって、スタジオ入って即メンバー入りをオファー、快くOKしてもらいました。複数バンドやってて忙しい中、ほんとありがとう。これからはよろしくね。

現在は新旧楽曲をまぜこぜにライヴのためのリハを続けています。バンドっぽくバシっとまとまるにはまだまだかかるかも知れませんが、7月の活動再開に向けてちゃくちゃくと準備しているので今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

長い文章を最後までありがとう。
もうすぐ!ライヴハウスで会いましょう!

Finally, CAUCUS will be doing live gigs again starting from July 16th show organized by our good shoegaze friend My Dead Girlfriend. We will also be organizing a show for Try the Pie from the United States. Try the Pie will be doing a solo set.

MY DEAD GIRLFRIEND PRESENTS “SWEET DAYS AND HER LAST KISS”
2017/7/16 Shibuya Kinoto
OPEN 11:30 AM / START 12:00 PM

MY DEAD GIRLFRIEND / Shojoskip / CAUCUS
Tickets: adv.1500YEN / door.1800YEN
*This is a daytime show starting from NOON.

2017/7/24 Shimokitazawa Three

Try the Pie (Solo set, from USA) / CAUCUS / and more…
*More details will be coming up soon.

We will be having a new guitarist joining in: Yuta Ichikawa (Float down the Liffey/alicetales) from this day, as 4 piece band.

A new member? 4 piece band?

Yes, Tatsuro and Hiroko is leaving the band, and we will start the band again with Yuta. There is a bit of a long story here.

For Tatsuro, as mentioned in recording log of Day 9, “He now have something other than music that he would like to do, and it is difficult for him to make time for doing music” is what describes the explains his leave most clearly.

Hiroko was also tough on balancing time between musical activities for family reasons. She will be continuing on her project of Girl President, so please follow her project as well. I am also helping them out in recording stuffs etc.

We started out making new songs in 2014, when we already knew that it would be difficult to do CAUCUS with Hiroko on regular basis. The first day of the session was actually the day MTV81 had shot us (July 19, 2014), and that is why there was just 4 of us there. Eventually Tatsuro couldn’t make it to our studio session most of the time and we made songs with just 3 of us, Taisuke, BJ and me. Recorded them with us 3 and had Tatsuro overdub some guitar afterwards.
Tatsuro and I were talking if he can come back to the band again or not, but it wasn’t just possible this time.

“While we are going to do this recording session with all 5 of our members, we don’t seem to make it with all 5 of us together on stage after we record them” is what I mentioned in Day 1, but I decided to start this session with this band member because I wanted to go against the situation we were in. I wanted to make a great album with these great members that I am proud of, who are good friends of mine.

We finished the tracking on March 11th, and had contacted Yuta to be a new member on that day. A new step forward for the band to move on.
Yuta has been around with us for about several years, and has a lot of LOVE to our band… He has all the CDs, limited edition live recordings, and probably came to all the shows in Tokyo. We talked about it a few days ago, and he maybe have more tracks of CAUCUS than us 3! I’ve seen him play in bands Float down the Liffey and alicetales, and had the feeling that he will do great with us as well.

We are currently doing rehearse with the mix of new and old songs. We hope we fit together as a band by the July’s live and to do more touring as well.

Thank you for reading the long story!

We are very excited to be back. Hope to see you soon!

-k

 

day10
3月11日、シンセと、残りの歌2曲を録音。ソフトシンセのトラックExportとともに、MIDI書き出してアナログシンセのKorg Minilogueを、今回大活躍だったEventide Ultra-HarmonizerやElectro Harmonix Clone Theory、自前のSpace Echo RE-201、あと太さを加えるのにSans Ampをかませたりして、かなりまともじゃない音にして重ねる。一曲は角本の生演奏で録音。そして歌録音で今回は見たこともないBEAGのマイク(ググったらMD210というもののよう)を使用。そしてTracking完成!終わったあとは角本と遠藤さんと3人で打ち上げ美味い肉を喰らい、さて今後ライヴ活動、メンバーをどうするかなどなど、話し合う。帰りの電車で新ギタリスト候補に連絡。振り返ってみれば、この日は録音を終えて、活動再開に向けての次の一歩を踏み出した日になるのかな。
March 11th was the last day of tracking. Exported several soft-synth and recorded analogue synth Kong Minilogue with Eventide Ultra-Harmonizer, Vintage Electro Harmonix Clone Theory, my old Space Echo RE-201, and also made the sound a bit fat with Sans Amp rack. Made the sound a bit more dirty and crazier. 2 more vocal tracks was taken as well, with vintage BEAG mic (googled and it seems like MD210). And finally the tracking had completed! Afterwards we celebrated it with awesome meat sushi, and talked how we can do about the gigs we can do live in the near future.


-k

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.