正確には明日発売です。

CAUCUSというバンドは、なんとも中間な立ち位置(英語で言うalternative、と言えば聞こえがいいでしょうか)で活動しているため、「シューゲイザー」としてしまうと「違うだろ?」という返事が返ってきそうです。自分らでもそういう型にはまらない音楽を目指してやってきています。

ただ、「シューゲイザー」からの影響も多々あることは事実で、ギターのエフェクターを見てもらえれば(全員の足元にディレイ、竿はジャズマスター3本、ヤナガワに至っては重いRE-201 Space Echoまで運び、カトーは名器Marshall Shredmasterを使用)こりゃーいかにもゲイズしそうな感じです。マイブラもライドもチャプターハウスも大好き。マニアックなシューバンドの名前を上げてもらっても大いに盛り上がれる感じです。

お世話になってるインディー界隈の方々も、もっぱらシューゲを通ってきた方々ばかり。そういう方々に気に入って頂けたりしているのも、僕らが単なるシューバンドじゃないからなんじゃないかななんて自負してます。

だって、ギュオーーーッ(ギターの轟音)・サワーーーッ(リヴァーブ)・フーーーン(かすかに聴こえるヴォーカル)って僕らがやらなくても、最高なバンドって存在してるじゃないですか。勝てない勝てない!!

そんな中、とっても嬉しい今回のディスク・ガイドへの掲載。なぜかって?

「シューの遺伝子を受け継ぐバンド」として掲載されているようだからです!

このジャンル分けのされ方、さ、最高!!

評価して頂くと大概「CAUCUS=シューゲイザー好きには好まれそうだけれどもシューゲイザーではないような・・・(?)」みたいな具合だったんですが、「(?)」がつく感じじゃなくて、「遺伝子」。そうそう。たぶん、我々そんな感じなんですよ〜。こっそり見せて頂いたら同じ「シューの遺伝子〜」のコーナーでBroken Social Sceneの次に掲載されてました。そうそう!それそれ!そういう音楽目指してます!っていうか、BSSの次とか嬉しすぎる!(ABC順なだけなんだけど)

来たる4/9、六本木Super Deluxeにて本のリリースパーティーが行われます。再結成のChapterhouseが18年ぶりに来日。Ulrich Schnaussも大好きです。そこに出演できてしまう、この幸運に感謝します。以下詳細。

2010年4月9日(金) Super Deluxe(東京・六本木)

open 18:00/start 19:00

料金:前売4,000円/当日4,500円(いずれもドリンク別)

LIVE:Chapterhouse / Ulrich Schnauss(fearturing Kirsty Hawkshaw) /

サポート:Luminous Orange / aus / CAUCUS

DJ:Club AC30 DJs / chicchi(bluestars night)

チケット:Super Deluxe(Web限定) http://www.super-deluxe.com/2010/4/9

主催:Club AC30 Japan

お問合せ:http://www.clubac30.com

当日、僕と川上さんはルミナスのサポートでも出演します。

このシューゲ本がきっかけでまた色んなバンドが生まれたりするんだろうな〜。楽しみです。

yngw

参照:

音庵 “明日「シューゲイザー・ディスク・ガイド」発売です。” : http://d.hatena.ne.jp/oto-an/20100304

ナタリー “耽美な音世界を案内する世界初のシューゲイザーガイド本”http://natalie.mu/music/news/28455

Monchicon! “シューゲイザーのガイド・ブックが出ます”http://monchicon.jugem.jp/?eid=1054

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.